禁忌症について


1. 以下に該当する方は事前に医師とご相談ください。

 

白血病、動脈瘤、骨粗鬆症、血友病、ホジキンス病、癌(過去5年以内に再発している場合 )、重度の脳性マヒ、静脈炎、血栓症、骨髄炎、結合組織の炎症(皮膚硬化症、狼瘡など)、腱炎などの炎症のある部位、発熱しているとき、急性の椎間板障害(慢性は可)、ケガや骨折(6週間~3ヶ月以内のもの)、化膿した歯がある(マウスワークのみ不可)、感染症(接触感染のおそれがなければ可。HIVなどは医師の同意が必要)、妊娠中(初期3ヶ月以内)


2. 以下に該当する方は避けたほうが良い場合がございますので、事前にお伝えください。

 

動脈硬化症、心臓病(運動制限がなければ可)、癌(5年以内に再発していなければ可)、糖尿病、高血圧、関節炎(リューマチ性は効果を期待できない。急性の場合は該当部位を避ける)、中~軽度の脳性マヒ、てんかん(過呼吸への配慮が必要)、感染性の皮膚病、その他の接触感染性の疾病(ペルペス・水虫など)、ムチウチ(炎症のある間は不可)、精神疾患、精神安定剤や睡眠薬を常用している